海洋高校へようこそ

はばたく卒業生

過去3年間の進路実績です。
(平成26年度~29年度)

卒業後の進路

就職・地域別

就職・業種別

詳しい進路実績は公式サイトをご覧ください。

卒業生の声

海洋科学科 海洋生産コース 平成20年卒業

新潟県水産海洋研究所 調査船「越路丸」 船舶員

渡辺 茂 さん

私は漁師になりたいと思い、海洋高校に進学しました。しかし、海洋丸での長期航海実習や日々の授業を受けているうちに航海士という職種と出会い、それが新たな目標になりました。卒業後、国立清水海上技術短期大学校へ進学し、現在は調査船「越路丸」で船舶員をしています。海洋高校では、寮や海洋丸での生活を通して、集団生活での規律や共に生活する仲間と協力し合うことの大切さを学びました。これは今でも役立っており、私自身の財産となっています。今後も新たな経験を重ね、活かしていきたいです。

海洋科学科 栽培技術コース 平成22年卒業

株式会社グランビスタ 鴨川シーワールド

小林 加奈 さん

私は幼い頃から、水族館の飼育員になりたいと思っていました。栽培技術コースを卒業後、鴨川シーワールドに就職し、今は、魚類やウミガメ等の飼育をしています。餌を与えたり、水槽掃除をしたり、川や海へ行って飼育生物を採集したりと、やることは盛りだくさん。また私達と違って話す事はできないので、毎日観察しながら生き物達の変化に気付いてあげなければいけません。大変な仕事ではありますが、高校で学んだ事を生かしながら好きな生き物達に囲まれて充実した日々を送っています。

海洋科学科 栽培技術コース 平成29年卒業

有限会社SKフロンティア

樋口萌さん、嶋田幹哉さん

私たちは、今、ワサビを育てた水を使ってチョウザメとイトウの養殖をしています。養殖を始めて3年目(平成30年6月11日)に魚肉の試食会を開くことができました。これからは販路の開拓や加工品の開発などに力を入れていかなければなりません。この会社に入って、まだ1年ですが、キャビアがとれるまで後5年かかります。チョウザメやイトウの魚肉やキャビアが地域の特産品になるよう頑張りたいと思います。

新潟県立海洋高等学校 航海日誌 運営元:新潟県立海洋高等学校

ページトップへ戻る